女性が貰って嬉しいハワイアンジュエリーの魅力

カップル

お手入れ方法

手を繋ぐ人

めがね拭きが便利

世界中のどの国にも、その地域の文化や歴史があります。例えば、ハワイで受け継がれているハワイアンジュエリーです。昔、夫を亡くしたイギリスのビクトリア女王に、ハワイのリウオカラニ女王がブレスレットを贈りました。喪服に合わせた黒いブレスレットには、金色で文字が刻まれていたと言われています。これがハワイアンジュエリーの始まりです。今では地元の人だけではなく、日本でもハワイアンジュエリーを購入する人が増えてきています。特に人気なのが結婚指輪です。しかし、いざ購入してもどのようにハワイアンジュエリーをお手入れしたらいいでしょうか。ハワイアンジュエリーのお手入れをする時、あると便利なのがめがね拭きです。指から外したハワイアンジュエリーを優しく拭くようにしてお手入れしてください。めがね拭きじゃなくても、柔らかい布なら拭き取ることができます。ティッシュで拭くと小さな傷がついてしまう事があるので、控えるようにしてください。ハワイアンジュエリーは指輪に独特なモチーフが彫られたのが特徴です。このモチーフに汚れがたまってしまった場合は、小さめの歯ブラシでこするようにして取り出しましょう。汚れがひどい場合は、中性洗剤を混ぜたぬるま湯の中でこするようにしてください。忙しくて手入れに時間をかけられない場合は、プラチナ素材を使った指輪を購入するようにしましょう。プラチナは他の素材に比べて変色しないのが特徴です。硬度もあるため、傷もつきにくいです。ただし、ハワイアンジュエリーに宝石を入れる場合、その宝石のモース硬度により歯ブラシでお手入れすると傷がついてしまう事があります。ハワイアンジュエリーに宝石を入れる時は、ダイヤモンドなどモース硬度が高いものを選ぶようにしましょう。